ご存知ですか?のページへ
事業報告へ
ありがとうメッセージ
お問合せのページへ
 
最新情報
2021-06-08更新
<令和3年度 赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン
 「いのちをつなぐ支援活動を応援!支える人を支えよう」の実施について>
  新型コロナウイルスの影響が長期化する中、環境の悪化等により、さまざまな生活課題が顕在化してきています。
  令和2年度、本会では、全国の共同募金会とともに「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン」(新型コロナウイルス感染症の影響により日常生活に困難を抱える子どもと家族支援活動)を実施し、新型コロナウイルスの感染拡大に起因した困りごとを抱えた人たちに対する活動に、全国で計2,051件、約6億1,800万円、県内で合計25件、328万円余の支援活動を展開しました。
  この全国キャンペーンでは、子どもと家族を中心として、例えば子ども食堂や学習支援、ひとり親家庭に対する食糧支援活動などに広く助成を行っており、課題の長期化が懸念されるなか、継続した支援を求める声が高まっています。
 つきましては、令和3年度においても、全国の共同募金会とともに、新型コロナ感染下の福祉活動応援という枠組みを継続しつつ、民間の相談支援活動、食支援や居住支援、居場所を失った人への活動などを中心とした支援を行うべく「いのちをつなぐ支援活動を応援!支える人を支えよう」全国キャンペーンを実施し、長崎県内の地域の実情に応じて、きめ細やかな支援活動を展開してまいります。詳しくは、下記の実施要項をご覧ください。


1.キャンペーン期間 ・・・ 令和3年4月16日(金)から6月30日(水)
                  ※ 社会情勢及び寄付の状況によって延長する可能性があります。


2.募金
(1)募集期間 ・・・ 令和3年4月12日(月)から6月30日(水)
              ※社会情勢及び寄付の状況によって延長する可能性があります。
(2)使途
   この助成では、新型コロナウイルスの感染拡大に起因した困りごとを抱えた人たちを支援するという観点から、地域に密着した生活支援活動助成に広く
  助成します。
(3)寄付金受入口座
   金融機関:ゆうちょ銀行
   口座番号:01870−8−22522
   口座名義:社会福祉法人長崎県共同募金会
   ※ ゆうちょ銀行窓口での払込料金は無料です。ATMでのご寄付の場合は、払込料金が有料となりますので、予めご了承ください。
(4)ご寄付について
   ご寄付は、特定公益増進法人に対する寄付として所得税、法人税の優遇の対象となります。
   領収書を必要とされる場合は、払込取扱票の通信欄に御住所、御名前、「領収書希望」とご記入ください。
   ご寄付の状況によっては、領収書の発行まで相当の期間を頂戴しますことをあらかじめお詫び申しあげます。


   令和3年度 赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン
   
「いのちをつなぐ支援活動を応援!支える人を支えよう」実施要項(PDF 166KB)← クリック


<令和3年度 赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン
 「いのちをつなぐ支援活動を応援!支える人を支えよう」助成申請について>
  本会では、令和2年度に新型コロナウイルスの感染下において、地域の子どもたちや家族、高齢者、障がい者の方々等日常生活に困難を抱える方々を対象に生活課題解決のため活動している団体を資金面から応援してきましたが、新型コロナウイルスの影響が長期化する中、環境の悪化等により、さまざまな生活課題が顕在化してきていることから全国の共同募金会とともに、新型コロナ感染下の福祉活動応援という枠組みを継続しつつ、民間の相談支援活動、食支援や居住支援、居場所を失った人などいのちに関わる課題に対して取り組む活動を中心に支援を行うため、本年度「いのちをつなぐ支援活動を応援!支える人を支えよう」全国キャンペーンを実施し、本会に寄せられた寄付金と社会福祉法人中央共同募金会から提供された資金をもとに公募による助成を行います。助成を希望される団体は、下記及び助成要項を参照のうえ、期日までに申請してください。


1.助成対象団体
  助成対象団体は、下記の要件をすべて満たすこととします。
(1)長崎県内でいのちに関わる課題解決やこども食堂、学習支援、子どもの居場所づくり等地域における子どもや家族、高齢者、障がい者及び生活困窮者な
  ど生活課題に対する支援活動を現在行っている団体やグループで、その活動実施に要する資金の確保や活動に必要な機器の整備に困難をきたしている
  こと(法人格の有無は問いません。)
(2)非営利団体として、その活動、事業から生じる利益を構成員に分配していないこと
(3)特定の企業、政党、宗教団体等から独立して運営され自主性が保たれていること
(4)活動の内容や財務の状況を自ら積極的に公開する透明性をもつこと
(5)これまでに一定の活動実績があること


2.助成対象事業
(1)新型コロナウイルスの影響下において、食支援や居住支援、居場所を失った人への相談支援活動などいのちをつなぐ支援活動
(2)新型コロナウイルスの影響下において実施する子どもと家族に対する支援活動(一部の事例として、見守りを兼ねた食材提供や配食事業、子どもの学習
  支援、虐待やDVを避ける取り組み、相談支援など)
(3)新型コロナウイルスの影響下において、日常生活に困難を抱える高齢者、障がい者及び生活困窮者に対する支援活動(一部の事例として、配食による
  高齢者の見守り活動、生活困窮世帯への食材やマスクを届ける活動など)
(4)団体が通常行っている活動の範囲内での取り組みは助成対象外とします。新型コロナウイルス感染拡大以降の緊急的支援活動として実施され、その活 
  動に伴う経費の必要性が申請書から読み取れることを助成要件とします。


3.助成対象活動の実施期間
  令和3年4月1日(木)から令和3年9月30日(木)までとします。(※ 社会情勢及び寄付の状況によって延長する可能性があります。)


4.助成対象経費
  新型コロナウイルス感染症対策に係る支援活動を実施するために必要となる以下の経費を対象とします。
(1)食材や消耗品(マスク、消毒薬等衛生物品等)を購入する費用
(2)ボランティアの交通費(実費)、ガソリン代
(3)活動に使用する会場の賃借料
(4)食品や弁当等の配送費
(5)印刷費、郵送料
(6)活動に必要な機材(新型コロナウィルス感染症対策機材、冷蔵庫等厨房機器、食糧保管庫など)
(7)その他本会が認める経費
  ※ 人件費、団体の通常活動に係る経費、公的資金及び他の助成金が充てられる費用等は対象外とします。


5.助成(申請)額
  広く助成を行うため、期間中、1団体あたりの申請は1回とし、助成上限額は30万円とします。


6.申請の相談・方法及び助成決定等
(1)助成対象事業内容の照会・相談や申請に際しては、下記までメール、電話によりお問い合わせください。
(2)申請にあたっては、下記様式をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、添付書類とともに下記の
  メールアドレスあて送信してください。(メール  での受け付けとなります。メールにて送付できない場合は、
  郵送でも受け付けますが、申請書等を送付後、必ず電話にて郵送したことをご連絡ください。)
(3)申請のあった事業については、外部有識者を加えた選考委員会等の審査を経て助成を決定します。
(4)助成申請額から減額して助成決定する場合があります。
(5)助成決定は、本会ホームページで公表のうえ、応募団体あてに通知を発送します。
(6)助成金は原則として精算払いとしますので、活動終了後1か月以内にメールにて活動・精算報告書及び領収
  書等のコピーを本会に提出いただきます。諸般の事情により、これにより難い場合は、事前にご相談ください。
(7)本会は上記提出書類を確認のうえ、当該団体に助成金を送金します。
(8)報告書様式は助成決定時に郵送します。
(9)活動実態が確認できなかった場合は、助成決定を取り消す場合があります。


 助成の対象・申請方法などの詳細情報は下記(助成要項)をご参照ください。
   @ 令和3年度 赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン
     「いのちをつなぐ支援活動を応援!支える人を支えよう」助成要項(PDF 218KB)
← クリック


   A 助成申請書(様式 ワード 76KB)← クリック


7.助成申請書の提出
  令和3年7月31日までの各月末必着(下記スケジュール参照のこと)


8.スケジュール(予定)
  令和3年4月16日  助成申請受付開始(〜令和3年7月末まで各月末申請締め切り)


     ※ 助成を受けた活動の実施期間終了後1ヶ月以内に活動に係る精算報告


9.相談、問い合わせ・申請書提出先
   社会福祉法人長崎県共同募金会
   〒852-8104 長崎市茂里町3番24号 長崎県総合福祉センター内
   TEL 095-846-8682 FAX 095-846-8565
   Email kyobo@akaihane-nagasaki.or.jp


<新型コロナウイルス感染症の影響により日常生活に困難を抱える子どもと家族の支援活動第7回助成事業の決定について>
  新型コロナウイルスの感染拡大を受けた子どもたちとその家族の支援として、申請を受け付けておりました事業につきましては、下記のとおり助成が決定いたしました。助成が決定しました団体の皆さまには、文書等で今後の手続きなどをお知らせいたします。
  なお、事業実施後提出いただきます活動・精算報告書の様式につきましては、下記よりダウンロードしていただき、期日までにご提出をお願いいたします。
  また、新たに助成対象事業を拡大し、申請を受け付けておりますので、助成を希望されるところは、上記及び助成要項を参照いただき、本会までご申請ください。


  活動・精算報告書(エクセル 38KB)(← クリック)


 (第1回助成事業)
団体名 所在地 事業内容 助成額
YYこども食堂        諫早市 夏休み期間中のひとり親家庭で自宅で留守番する子どもたちへの宅配弁当届け 67,000円


(第2回助成事業)
団体名 所在地 事業内容 助成決定額
(福)長与町社会福祉協議会 長与町 ひとり親家庭等への食材、弁当配布事業用備品購入費 279,000円
(一社)ひとり親家庭福祉会
ながさき
長崎市 子ども食堂、学習支援事業用備品購入費 218,000円
親子いこいの広場もくもく 佐世保市 フードパントリー、子ども食堂、弁当配布事業費 100,000円
地域食堂えんち 佐世保市 子ども食堂、学習支援の事業費 100,000円


(第3回助成事業)
団体名 所在地 事業内容 助成決定額
(一社)長崎県母子寡婦福祉連合会 長崎市 ひとり親家庭及び生活困窮者へ食材提供支援事業 299,000円


(第4回助成事業)
団体名 所在地 事業内容 助成決定額
(特非)らいぶながさき
「地域カフェとき」
時津町 ひとり親家庭への食料品提供事業費 100,000円
時津こども食堂はこべら 時津町 こども食堂の開催事業費 100,000円
子ども食堂宝ハウス 佐世保市 こども食堂の開催事業費 100,000円
(福)島原市社会福祉協議会 島原市 緊急用食糧等支給事業費 100,000円
(福)波佐見町社会福祉協議会 波佐見町 ひとり親家庭等への食料提供事業費 100,000円
(特非)フリースクール
 クレイン・ハーバー
長崎市 フリースクール活動用備品整備費 160,000円
諫早市母子寡婦福祉会 諫早市 ひとり親家庭及び生活困窮者へ食材・衛生用品
提供支援事業費
100,000円


(第5回助成事業)
団体名 所在地 事業内容 助成決定額
(特非)心澄 長崎市 ひきこもり当事者と家族の訪問相談事業費 100,000円
YYこども食堂 諫早市 障がい者グループホームへ弁当配食事業費 100,000円
(特非)ちいきのなかま 佐世保市 みんなの実家プロジェクト「出張両親学級」事業費 100,000円
(特非)おんぶにだっこ 東彼杵町 あなたの居場所「みんなおいでよ」開催事業費 65,000円


(第6回助成事業)
団体名 所在地 事業内容 助成決定額
101みんな食堂 西海市 地域食堂用食材等の購入事業 100,000円
親子いこいの広場
もくもく
佐世保市 コロナ禍で孤立している子育て世帯支援用備品の購入事業費 100,000円
城山スクール子ども
食堂実行委員会
長崎市 子ども食堂及びフードバンク用機材の整備事業 300,000円


(第7回助成事業)
団体名 所在地 事業内容 助成決定額
(特非)チャイルドライン
ながさき
長崎市 相談活動用備品整備費 120,000円
地域を編む 女性たちのネットワーク 子どもを守る長崎ひまわりプロジェクト 長崎市 コロナ禍等により食が満たされない子育て家庭やひとり親家庭への食材提供、個別相談事業費 100,000円
親子いこいの広場
もくもく
佐世保市 コロナ禍で困難をきたしている世帯への食事・学習支援事業費 100,000円
(一社)長崎県母子寡婦福祉連合会 長崎市 ひとり親家庭及び生活困窮者へ食材提供支援事業 280,000円

<「赤い羽根募金助成決定通知書交付式」を開催しました。>
  令和2年度の赤い羽根共同募金運動は、3月31日をもって終了いたしました。期間中には多くの皆様にご協力いた
だき
令和3年4月9日
ましたことに深く御礼申し上げます。
  皆様からお寄せいただきましたやさしい気持ちのご寄付は、じぶんの町を良くするために児童の見守り、子育て支援、高齢者のふれあいサロン、ハンディキャップをお持ちの方々の社会参加支援など誰もが安心して暮らすことができる地域づくり活動、地域から孤立をなくすための活動、社会福祉施設や福祉車両の整備、災害時のボランティア活動支援などに使われます。助成の詳細につきましては、後日改めてご報告いたします。
  また、赤い羽根募金につきましては、去る4月9日(金)に長崎県総合福祉センターにおきまして、今回助成が決定した54の社会福祉施設・団体・社会福祉協議会のうち、19の皆様にお集まりいただき、「赤い羽根募金助成決定通知書交付式」を開催し、皆様方からお寄せいただきました善意をお渡しいたしました。







<令和2年度第74回「共同募金」運動に関する公告について>
 令和2年度の赤い羽根共同募金運動は、3月31日をもって終了いたしました。その結果について、公告いたします。
 なお、皆様からお寄せいただきましたやさしい気持ちは、じぶんの町を良くするために児童の見守り、子育て支援、高齢者のふれあいサロン、ハンディキャップをお持ちの方々の社会参加支援など誰もが安心して暮らすことができる地域づくり活動、地域から孤立をなくすための活動、災害時のボランティア活動支援などに使われることが決定いたしました。詳しくは下記の公告をご覧ください。
 多くの皆様にご協力頂きましたことに深く御礼申し上げます


    社会福祉法人長崎県共同募金会


      令和2年度運動結果(←クリック PDF 51KB)


      令和2年度助成結果(←クリック PDF 190KB)
株主優待券で共同募金への寄付ができるようになりました!

クリック
株式会社優待マーケット「赤い羽根 株優サポートクラブ」のお知らせ


  この度、株式会社優待マーケット(代表取締役 橘孝介/東京都中央区)では管理運営するwebサイト「赤い羽根 株優サポートクラブ」を通じて、共同募金へご寄付をいただくこととなりました。
  この「赤い羽根 株優サポートクラブ」は、個人の方または会社等法人が保有する株主優待券を換金評価し、その全額をご寄付いただくことができるサイトです。
  寄付者(個人の方または会社等法人)はお手元にある株主優待券を、寄付先(共同募金会)と使途(共同募金におまかせ、お年寄りのために、障がいのある方のために、子どものために、ボランティア・NPOのため等)を選択して、共同募金としてご寄付していただくことで、本県をはじめ全国各地での福祉課題を解決する資金となります。
 ぜひ「赤い羽根 株優サポートクラブ」を通じて、本県の福祉課題解決のためにご協力をお願いいたします。
  詳しくは、中央共同募金会のホームページをご覧ください。


  中央共同募金会ホームページ(←クリック)


公益財団法人車両競技公益資金記念財団による令和3年度助成事業の申請について
  公益財団法人車両競技公益資金記念財団では、令和3年度の助成事業として、ボランティア団体に対する機材整備事業と保育所等(社会福祉施設)の整備に関する助成申請を受け付けています。詳しくは、以下の要項等をご覧いただき、本会までお問い合わせ、ご相談ください。
  なお、本会での申請の締め切りは令和3年6月30日(水)までとなっております。

(1)高齢者、障害者の支援を目的とするボランティア活動に対する助成事業(ボランティア団体機材整備事業)
  @要項(PDF 138KB)
  A
申請書(ワード 148KB)
  B申請の手引き(PDF 200KB)
  Cパソコンの選び方(参考 PDF 684KB)


(2)保育所等の整備に関する助成
  @要項(PDF 144KB)
  A手引き(PDF 266KB)
  B作成要領(PDF 115KB)
  C申請書類一式(エクセル 255KB)
  D申請書記入例(PDF 271KB)


  (ご相談は)
  社会福祉法人長崎県共同募金会まで
  〒852-8104 長崎市茂里町3番24号
  電話 095-846-8682 / FAX 095-846-8682

<遺贈・相続・香典による寄付について>
 遺贈(遺言)による寄付、相続財産(遺産)からの寄付、香典からの寄付をお考えの皆さま、お気持ちを長崎県内の福祉のために残してみませんか。本会では、長年のご努力により築かれた財産を、地域社会のために役立てたいとのご希望を持っていらっしゃる方やその遺族の方々からの寄付の受入れ、相談に応じています。受入れた財産は共同募金として本会が責任を持って長崎県内における社会福祉事業などに地域社会のために役立てさせていただきます。
 また、障害者や児童養護施設に入所している児童など特定の分野への寄付を希望される場合は、ご指定いただいた分野での支援に使わせていただきます。
 詳しくは、こちらをご覧ください。 ⇒ 遺贈・相続・香典による寄付について(PDF 127KB)


<インターネットを通じた募金ができます。>
  社会福祉法人中央共同募金会では、インターネットを利用して、クレジットカードやネットバンク、ウェッブマネー、コンビニエンスストアで赤い羽根募金等に寄付ができるよう取り組んでいます。

  詳しくは、社会福祉法人中央共同募金会のホームページをご覧ください。



令和2年度「共同募金」運動に関する告示について
(厚生労働省告示第311号)

  社会福祉法(昭和26年法律第45号)第112条の規定に基づき、令和2年度における共同募金の実施期間を令和2年10月1日から令和3年3月31日までと定めたので、社会福祉法施行規則(昭和26年厚生省令第28号)第35条の規定に基づき、告示する。

令和2年9月15日

             厚生労働大臣 加藤 勝信
(財務省告示第235号)


  寄附金控除の対象となる寄附金又は法人の各事業年度の所得の金額の計算上損金の額に算入する寄附金を指定する件(昭和40年4月大蔵省告示第154号)第4号の規定に基づき、各都道府県共同募金会が令和2年10月1日から令和3年3月31日までの間に募集する次の寄附金を寄附金控除の対象となる寄附金又は法人の各事業年度の所得の金額の計算上損金の額に算入する寄附金として承認する。


      令和2年9月30日


             財務大臣 麻生 太郎


  社会福祉事業又は更生保護事業を営むことを主たる目的とする者のこれらの事業の用に供される土地、建物及び機械その他の設備の取得若しくは改良の費用又はこれらの事業に係る経常的経費に充てるための寄附金


(総務省告示第291号)

  地方税法施行令(昭和25年政令第245号)第7条の17第1号の規定に基づき、社会福祉法(昭和26年法律第45号)第113条第2項に規定する共同募金会が令和2年10月1日から令和3年3月31日までの間に募集する次の寄附金を寄附金税額控除額の控除の対象となる寄附金として承認し、当該共同募金会に対して支出された当該寄附金のうち、令和2年10月1日から同年12月31日までの間に支出された寄附金については令和3年度分の個人の道府県民税及び市町村民税について適用し、並びに令和3年1月1日から同年3月31日までの間に支出された寄附金については令和4年度分の個人の道府県民税及び市町村民税について適用する。


      令和2年9月30日


             総務大臣 武田 良太


  社会福祉事業又は更生保護事業を営むことを主たる目的とする者のこれらの事業の用に供される土地、建物及び機械その他の設備の取得若しくは改良の費用又はこれらの事業に係る経常的経費に充てるための寄附金


共同募金への寄付に関する税法上の優遇措置について>
  従来より、共同募金会に対する寄付につきましては、国や地方公共団体と同様に税法上の優遇措置を受けることができますが、租税特別措置法税制改正により、個人の方の寄付につきましては、所得税の寄附金税額控除を受けることができることとなりました。(期間:平成29年7月26日〜平成34年7月25日)
  共同募金(赤い羽根募金、歳末たすけあい募金)にご寄付をいただいた個人の方で所得税の寄附金控除または税額控除及び個人住民税の寄附金税額控除(どちらかを選択)を受ける際(確定申告等)には本会発行の領収書が必要となります。
  また、所得税の税額控除を受けるためには、上記領収書に加え、税額控除証明が必要となります。税額控除証明は、このページからダウンロードできますので、ご利用ください


※ 個人の寄付(2千円以上のご寄付をいただいた場合)
   ●所得税の寄附金控除又は税額控除(どちらかを選択)を受けられます。

      1.寄附金控除の場合
        寄附額(年間所得の40%が限度)−2千円=所得控除額


      2.寄附金税額控除の場合
        {寄附金額(年間所得の40%が限度)−2千円}×40%=税額控除額


      * ただし、所得税額の25%が限度となります。
         また、税額控除を行う際には、下記の税額控除証明書(写)の添付が必要となりま
       すので、クリックして、印刷してください。


           税額控除法人に関する証明書(コピー PDF)(24KB)


   ●個人住民税の税額控除
        {寄附金額(年間所得の30%が限度)−2千円}×10%=税額控除額


 
※ 会社等法人の寄付
     法人税の算出にあたり、寄付金額を全額損金算入することができます。


<根拠法律>
   (所得税)
    所得税法 第78条
    昭和40年大蔵省告示第154号第4号
    租税特別措置法 第41条の18の3


   (個人住民税)
    地方税法 第37条の2、第314条の7
    地方税施行令 第7条の17、第48条の9


   (法人税)
    法人税法 第37条
    昭和40年大蔵省告示第154号第4号

 
赤い羽根支援自動販売機が増えています。!(現在50台)>
  コカコーラウェストジャパン株式会社、株式会社伊藤園、NPO法人ハートフルベンダー、ペプシコーラ販売株式会社では社会貢献の一環として、共同募金運動を支援するため、「赤い羽根支援自動販売機」の設置を進めています。
  支援いただく内容は、この自動販売機で飲料水等を購入いただくと、売上金の一部を各メーカーが赤い羽根募金として本会にご寄付いただくものです。
  本県内では、平成20年8月に波佐見町社会福祉協議会と若菜寮(島原市 知的障害者更生施設)のご協力により本県で初めて「赤い羽根自動販売機」が設置されました。今年度も平戸市社会福祉協議会(平戸市社会福祉センター)、同生月支所(平戸市生月高齢者生活福祉センター)に赤い羽根支援自動販売機が設置が完了し、長崎県内で50台となりました。
  一方、会社関係では、生活協同組合ララコープのご協力により、「ララながよ」に1台、「ララ矢上」と「ララなめし」にそれぞれ2台ずつと、増ア建設(諫早市)に設置されています。
 なお、長崎市岩屋町の「ケアハウスみずほ」、佐々町の「つばさ作業所」には、おつりも募金できる自動販売機を設置されています。
  詳しくは、こちら(長崎県内地図:PDF)をご覧ください。
  今後も県内での設置を進めてまいりますので、お近くに自動販売機が設置されましたら是非ともご利用ください。
  また、企業、学校、団体の方々で共同募金運動の趣旨にご賛同いただき、自動販売機の設置をお願いできるところがありましたら、本会までご一報ください。こちらからご連絡の上、お願いに参りますので、宜しくお願いいたします。


     社会福祉法人長崎県共同募金会
     〒852-8104 長崎市茂里町3番24号
           長崎県総合福祉センター内
     Tel 095(846)8682 Fax 095(846)8565
     E-mail:kyobo@akaihane-nagasaki.or.jp


共同募金データシステム(愛称:「はねっと」)で助成状況を見ることができます。
  中央共同募金会並びに全国の共同募金会では、インターネットを通じて、共同募金の助成
状況(使いみち)を一般の方々にご覧いただくため、「赤い羽根データベース」(愛称「はねっと」)を始めました。
 長崎県での共同募金の助成状況はもちろん、あなたの町の、また全国の共同募金会の助成状況も見ることができるようになっています。閲覧の方法は、簡単です。中央共同募金会の「はねっと」のホームページ
(URL:http://hanett.akaihane.or.jp/hanett/pub/home.do)にアクセスいただくか、下の「はねっと」のバナー(↓)をクリックしていただくとホームページに直接アクセスできます。
◆補助・助成事業の状況について◆
(公財)中央競馬馬主社会福祉財団が行う令和2年度助成事業の決定について>
  (公財)中央競馬馬主社会福祉財団(馬主寄付金による助成事業)が実施する助成事業については、毎年、本会が事業の推薦を行っています。
  令和2年度申請のあった事業については、本年7月3日に開催された推薦委員会の審議を経て、社会福祉施設の備品整備費、福祉車両の整備費として6件、総額 5,980,000円を(公財)中央競馬馬主社会福祉財団に推薦を行っていましたが、このたび以下のとおり助成が決定し、馬主の方々の善意を社会福祉施設の方々にお渡しいたしました。


法人名 施設名 事業内容 助成決定額
(福)旭瑞会 洗心保育園(雲仙市) 送迎用車両整備 1,000,000円
(福)民生会 白岳学園(佐世保市) 作業場改装工事 1,000,000円
(福)ことの海会 デイサービスわくわく
       (大村市)
送迎用車両整備 1,000,000円
(福)友愛会 長崎リハビリテーション
        (長崎市)
福祉車両整備 1,000,000円
(福)寿光会 天恵荘(諫早市) 送迎用車両整備 980,000円
(福)秀峯会 きじの里(五島市) 福祉車両整備 1,000,000円
合 計 5,980,000円
*災害義援金関係*(2021-06-8)
  全国各地で、豪雨や台風などにより大きな災害が発生した場合、各地の共同募金会では、被災者の支援を行うため、義援金の募集を行います。
  災害義援金に関する詳しい取り組みは、社会福祉法人中央共同募金会のホームページ(こちら)に掲載しています。


<令和2年7月豪雨災害義援金の募集について(延長)
 令和2年7月の大雨災害により、各地で人的被害をはじめ、堤防の決壊による住宅への浸水被害、土砂崩れによる家屋の倒壊等の被害が発生し、複数県の市町に災害救助法が発令されました。熊本県共同募金会では被災された方々を支援することを目的に義援金の募集を実施しています。詳しくは、下記及び募集要綱をご覧ください。
 なお、お預かりした義援金は、全額を被災県に設置される配分委員会構成組織に被災の状況に応じて按分のうえ送金されます。皆様の温かいご協力を宜しくお願いいたします。


1.受付期間 ・・・ 令和2年7月13日(月)から令和4年3月31日(水)まで延長


2.受入金融機関等については、下記要綱又は熊本県共同募金会のホームページをご覧ください。


  熊本県(熊本県共同募金会)募集要綱第4版(PDF 201KB) 


  熊本県共同募金会ホームページ(期間延長)


<令和3年島根県松江市大規模火災義援金の募集について>
  令和3年4月1日に島根県松江市島根町加賀地内で発生した大規模火災により大きな被害が発生し、災害救助法が適用されました。
  島根県共同募金会では、この災害で被災された方々を支援することを目的に義援金の募集を行っています。
  なお、島根県共同募金会にお寄せいただく義援金については、島根県が設置する義援金配分委員会で決定し、被災者へ配分いたします。


1.受付期間 ・・・ 令和3年4月12日(月)から令和3年5月31日(月)まで


2.受入金融機関等については、下記要綱又は島根県共同募金会のホームページをご覧ください。


  島根県共同募金会募集要綱(PDF 163KB) 


   島根県共同募金会ホームページ


<平成30年7月豪雨災害による義援金募集について(期間延長)
 平成30年7月の豪雨により各地で人的被害をはじめ住家被害等大きな被害が発生しました。
 広島県共同募金会、岡山県共同募金会、愛媛県共同募金会では、被害を受けた方を支援することを目的に義援金の募集を行っております。
 なお、お寄せいただく義援金については義援金募集を実施する各共同募金会において配分基準に基づいて被災者への配分が行われます。


 詳しくは、下記の各共同募金会のホームページをご覧ください。


  @広島県共同募金会(〜令和4年6月30日) ・・・ ホームページ(←クリック)
  A岡山県共同募金会(〜令和3年6月30日) ・・・ ホームページ(←クリック)
  B愛媛県共同募金会(〜令和4年6月30日) ・・・ ホームページ(←クリック)


   皆様の温かいご協力をお願いいたします。


     社会福祉法人長崎県共同募金会


「令和元年台風第19号災害義援金」の募集の終了について
 令和元年10月12日から13日にかけて北上した台風19号により、東日本において広域に記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が各地で発生しました災害により、被災された方々の支援のため、中央共同募金会が実施しておりました義援金の募集は、下記のとおり終了いたしましたのでお知らせいたします。皆様の温かいご協力に感謝申し上げます。


1.受付期間 ・・・ (終了)令和3年3月31日まで
<「平成28年熊本地震」義援金の募集の終了について>
  平成28年4月14日に熊本県内を震源とする地震により、熊本県の各地において人的被害をはじめ、家屋の倒壊等甚大な被害が発生し、熊本県全市町村に災害救助法が適用されました。
  熊本県共同募金会及び中央共同募金会では、被災者への支援・援助を目的に義援金の募集を行っておりましたが、下記のとおり受付を終了いたしましたので、お知らせいたします。皆様の温かいご協力有難うございました。


1 義援金の受付期間 (終了)令和3年3月31日まで

  より詳しい情報は、下記のホームページをご覧ください。


  社会福祉法人熊本県共同募金会ホームページ(←クリック)


  皆様の温かいご協力をお願いいたします。


     社会福祉法人長崎県共同募金会
義援金詐欺にご注意ください!
  中央共同募金会及び全国の共同募金会では、地震・台風・豪雨災害による被災者の方々を支援するため、義援金の募集を行っておりますが、最近共同募金会以外のものによる「共同募金」の名前を用いた悪質な義援金勧誘が行われています。特に「新潟県中越地震災害義援金」募集の際には、中央共同募金会の名前をかたる義援金依頼のメールが出回りました。中央共同募金会及び全国の共同募金会では、電子メール(eメール)による義援金の依頼は一切行っておりませんので、十分ご注意くださいますようお願いいたします
 また、「社会福祉法人共同会」(東京都新宿区西新宿)の名義で、現金書留による義援金依頼が行われている件につきまして、「社会福祉法人共同会」は、共同募金会とはなんら関係はございませんので、お知らせいたします。もし、疑わしいと思われる義援金依頼等がありましたら必ず本会もしくは最寄の共同募金会までお問い合わせください。
「中央共同募金会」「東京都共同募金会」等の名前を利用した、詐欺行為に注意してください。
  「『善意のバトン』として3000円程度の金額を口座に寄付した方に、高額(1億円分、4800万円分など)のポイントを現金換金する」として、中央共同募金会または東京都共同募金会の振込口座を案内するEメールが届く、または会員制のサイトで案内がされている、との情報が寄せられました。Eメールの送信元は、「インスタサポートセンター」「全日本義援被災者協会」等の名前になっているとのことです。
  中央共同募金会および東京都共同募金会は、「インスタサポートセンター」「全日本義援被災者協会」なる者とは全く関係がありませんので、決して振込をしないようにしてください。また、別の団体から同様のような案内が来た場合も、決して振り込まないようにしてください。
  万が一、振込んだ場合は、振込先の中央共同募金会または東京都共同募金会へご相談ください。


   中央共同募金会の口座に振り込んだ場合    03-3581-3846
   東京都共同募金会の口座に振り込んだ場合   03-5292-3181


<「個人情報保護法」の全面施行に伴う対応について>
  平成17年4月1日より、個人情報保護法が全面施行されました。本会では、「個人情報保護に関する方針」と保有している個人情報の把握と識別される個人に関する情報の保有目的の特定及び公表を「個人情報取扱業務概要説明書」により公表いたします。
 なお、詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。


 1.個人情報保護に関する方針(プライバシー・ポリシー)PDF
 2.個人情報取扱業務概要説明書PDF